オークションは黒星

 締切日に入札するという私としてはよしとしない入札してしまいましたので本気で落札しようとはしていませんでしたけど残り5時間で入札をやめていたところいつのまのか逆転入札が2名ほどいらっしゃいまして、最終的にえらい高値で落札されていましたね。あの値段では私は買いませんのでそれでよかったと思っています。負け惜しみではありません。値打ちよりはるかに高い値段で落札したくないだけ。しかし私がちょっと目を付けた標本はだれもいいものと感じるようで今回は過激な入札が多かったですね。会社員ですとボーナスが入った後なのできっと大勝負ができるのかな。ある人。

ここでAさんと呼びますがあちこちの標本に高額入札していて総額は優に10万円は超えるでしょう。

そんないいものは通常オークション市場には出てないはずなんですけどね。確かに他人にひっくり返されるといい気持ちはしませんからかっとなって思わず競争入札していたと思われますが、締め切り間際で競り合っていますけどお互いに欲しくてたまらない標本なんでしょうね。でもわたしならそんな大金は突っ込んだりしません。出すのは標本業者か小遣いのほぼ全部突っ込んでいるマニアなんでしょうね。こういう人とはとても勝負できません。