本物時代

俺はメンタルがネガティだがわりと強いし根性がある。

と、思っていた。

ある日、涙が止まらなくなり

感情が溢れるようになって

おかしいなとは思ってて

1人になると嘔吐。

あとは

モノを全部捨てた。

目の前にものがあるのが許せなくて。

熱がずーっと出たり

3日寝れなかったり

そんな変な時期が1カ月くらいして

死しか考えなくなった。

しかも俺の場合

殺されたかった。

残虐に。世の中の全てに

無になっていた。

で、診断は重度の鬱病

これがまた許せなかった。

俺はそんな甘くない。

鬱?そんなんじゃない。

精神的に逃げる質じゃないと

批判と闘い

自分をカッコ悪いと責めた。

無なので

嘔吐、お漏らしなんて基本。

なんも気にならなかったし

泣きながら笑い、

やっていた。

こうなった原因は幾つかあったけど

結果

分からなかったし

医師は今の俺を

別人と、いい意味で言う。

鬱で辛いというのはなかった。

負の世界は無で楽だったから。

死なないことだけに

ムカついてた。

俺は鬱病はもちろん

またなることがあるかもだけど

100に近い割合で完治してる。

治った理由は

1人では人は生きていけないんだなと

気がついたから。

1人で全部やる気だった。

力が入りすぎて爆発したみたい。

あれから3年が過ぎたけど

ネガティは変わらない笑

でも死にたいとは思うことはない。

そして前にはなかった

人を守りたいとか、

愛おしいとか、

そういう感情も今は湧いて

本物のやばい鬱時代が

人ごとみたいにやっと切り替わった。

鬱病は恥ずかしいことでも

甘えでもないけど

治したいと自分が思わないと

やはり治らないし

鬱病なんだと枠でくくると

余計に鬱病に守られ治らない。

俺は治したいと思った。

今はあの時があるから

さらに強い俺がいると思うし

好きな人と一緒にいるし。

1人じゃない。

半額肉をもちより笑

焼肉をやる友達もいる

成長したなあ、俺。

褒めてやろう笑。

前は自分に批判しかしなかったけどね。

ブス子も友達の家へ

お邪魔になった笑。

俺の友達は内臓の病気で

闘ってるけど

なんか

俺のように治る気がした。

広告を非表示にする