【霊能力者のおくさまブログ】 盂蘭盆会

8月13日から入ったお盆の時期は、なかなか濃くて、

ゴミを出しに行って帰って来ただけで、

気を許すと、うっかり、ドンと被ってしまいます。

とはいえ、いよいよ明日はお盆の最終日。

盂蘭盆会の行事を執り行います。

ご先祖に思いを馳せる大事な時期ですもの。

心を込めて、皆さんで読経をすることにしましょう。

ご先祖の中で、特に生前を知っている場合は、

お盆の時期の空気の重さとは裏腹に、

家に帰って来る〜という思いで、

色々思い出したりしますが、

区切りは区切り。

お互いが幸せに生きる自分の場所で、

しっかり生きられるよう、祈りを捧げたいと思います。

私が育った場所では、15日の夜には

精霊流しがありました。

年月が流れ、川が汚れるからという理由で、

中止になった時期もありましたが、

今はまた、復活しているようです。

ご先祖様をお迎えし、送り出す儀式は、

地方によって多少の違いはありますが、

思いは同じ。

しっかり供養の気持ちを伝えたいと思います。

今日、買い物に出かけたら、トンボが飛んでいました。

季節は移るのね〜。写真も写そうと思ったら、

慌てて家を出たので、思いっきり携帯忘れていました。

a href=http://livedoor.blogimg.jp/kumi_shimazu/imgs/5/2/525d7d90.jpg title=IMG_2568 target=_blankimg src=http://livedoor.blogimg.jp/kumi_shimazu/imgs/5/2/525d7d90-s.jpg width=300 height=168 border=0 alt=IMG_2568 hspace=5 class=pict align=left //aa href=http://livedoor.blogimg.jp/kumi_shimazu/imgs/e/9/e905869f.jpg title=IMG_2555 target=_blankimg src=http://livedoor.blogimg.jp/kumi_shimazu/imgs/e/9/e905869f-s.jpg width=300 height=168 border=0 alt=IMG_2555 hspace=5 class=pict align=left //a

というわけで、昨年、訪れた日光で撮ったトンボの写真で代用。

日付を見ると、8月下旬。

まだまだ暑かった記憶がありますが、あれから一年経ったんですね。

トンボが飛ぶころになると、秋の足音が聞こえそうな気持ちになります。

とはいえ、まだまだセミも頑張って鳴いています。

ここの所さほど気温が上がらないとはいえ、7年越しで地上に出てきたのですもの。

最後まで、力の限り鳴かないとね。

今日は、姪っ子さんがご挨拶に。

大学を卒業して、東京で就職、会社を辞めて起業、

そして、今度は次の段階に向けて・・・。

節目、節目でちゃんと挨拶に来てくれて、

ちゃんと住んでいる場所に適応して頑張っているのがわかります。

若い人を見ていると、変化がはっきりしていて、

月日が経つのが速いと実感。

そう言えば、ロンドンにいる甥っ子たちも、とうの昔に

私より、いや、本人たちの父親より背が高くなっています。

若いって、それだけでパワーがありますが、

そのパワーを持て余すこともあるんでしょうね。

甥っ子たちも、それぞれに、それぞれの年齢の悩みがあるようで。

でもね、じっくり生きて行ったらイイと思います。

先も長いしね〜〜。

急ぐなかれ、です。

若いっていいね〜って言葉を良く耳にしますが、

振り返ってみれば、当時は自分が若いことさえあまり自覚がなく、

その時、その時のことで精いっぱいだったような。

きっと、若い人たちもそうなんでしょう。

ただし・・・自分も確実に年月を重ねているのを忘れないよう。

季節が変わるのを目にしながら、

若い人たちの変化や成長を目にして

実感しています。

連絡先は、タブをクリックするとつながります。

a href=